Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/aori/bged.info/public_html/eshi/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

絵師ラボ

イラストのハウツーを収集してまとめていくブログ

描き方

いろんな角度から描きやすい顔のアタリの描き方を考えてみました。

投稿日:

「いろんな角度から描きやすい顔のアタリの描き方を考えてみました。」の要素

  • アタリ

ワンポイント

  • ○と▽を使用したアタリの提案
  • 様々な角度で応用できる

「いろんな角度から描きやすい顔のアタリの描き方を考えてみました。」の紹介

いろんな角度から描きやすい顔のアタリの描き方を考えてみました。を確認する

いろいろな角度から見た顔を例示に、アタリの解説をしてくれる講座です。

アタリって、まあ、勉強するのですけれど、正面とか真横とか、どうしてもそういった決まった角度からなのですよね。割合とかもなんとなくは覚えているのですが、人間って言っても動物なわけですから、典型的な丸とか四角をしているわけではないですよね。

例えば鼻の線をどこに描くのか。中心から鼻は出ているのはもちろんですが、描いてみるとすごい違和感に襲われ、何度も書き直してしまって、納得の行く顔ができない・・・というのが私の常であります。

鼻の描き方いろいろ

要素:鼻、チートシート

この講座では、様々な角度でのアタリのとり方を解説してくれています。まずは基本の頭のとり方から、○と▽を組み合わせたアタリを提案しています。正面だと顎の始まりから先まで、▽を描き、角度によってその場所から最終的な線を決める、というものです。

なるほど、たしかにこれだと顎のラインがわかりやすい気がします。個人的にすごいなと思ったのは、背後から見た顎裏まで、このアタリで対応しているところでしょうか。

他にも目や肩、筋肉などを意識したワンポイントアドバイスなどがあって、得るものが多い講座だと思います。

また、デッサンへの考え方などもあって、これまたうなずきつつ読んでしまいました。

講座に使用されている絵はリアル寄りではありますが、基本的な人体のバランスを知っておくことはとても大切だと思いますので、どんな絵でも応用できる講座だと思います。とても勉強になります。作者さんの講座はどれも刺激を受けますので、必見でありますよ!

関連する描き方・塗り方講座ストック

私式目の塗り方!

要素:目、メイキング

厚塗り目イキング

要素:目、厚塗り、メイキング

中高生向け 人の描き方講座(みたいなの)②

要素:服飾、学生服、スーツ、頭、髪、鼻、目、赤ちゃん

足の描き方簡略化

要素:足、影、アタリ

-描き方

執筆者: