Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/aori/bged.info/public_html/eshi/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

絵師ラボ

イラストのハウツーを収集してまとめていくブログ

描き方

ズボンの皺の描き方

投稿日:2018年11月7日 更新日:

「ズボンの皺の描き方」の要素

  • 服飾
  • シワ
  • アタリ

ワンポイント

  • 四角を使ったシワを捉える方法
  • アタリ

「ズボンの皺の描き方」の紹介

ズボンの皺の描き方を確認する

ズボン、とありますが、色々と応用ができそうです。

文字がありませんので、想像になりますけれど、ズボンを履いた上で、その下にある「体」を意識していくことで、シワを捉えやすくする、シワのアタリのようなものなのじゃないかと予想しました。

例えば太ももだと、ちょうど太ももが始まるあたりで一旦ズボンがひっかかり、ここでたるみが出て、重なる部分が出てきます。これがシワ。

足首の方もそうですね。裾は足首が隠れるほど長いですので、ここでたるむ。

で、この範囲を四角でアタリとしているんじゃないかなと。

上から落ちてくる布と、ひっかかる布の重なる部分によりシワができて、それ以外はすっと落ちる。もしくは縦方向のシワになります。

シワは布の違いによってもでき方が違いますので、難しいですが、1つの目安としてこういう方法もある、と知っていると使えるタイミングがあるかもしれません。

難易度が非常に高い描き方に見えますが、こういったものを見て、色々と考えてみるのも勉強かな、と思ったりします。

関連する描き方・塗り方講座ストック

布の描き方・基礎編

要素:服飾、シワ、メイキング

服の塗り方講座

要素:服飾、メイキング

ロリィタいろいろ

要素:服飾、ゴスロリ、足、女性、配色、チートシート

-描き方

執筆者: